【大人気な社食の秘伝レシピ37】さっと作れて栄養価ばつぐん「野菜のコンソメスープ」

LINEで送る
Pocket
email this

美味しく楽しく健康的なメニューに定評のある社食運営最大手、エームサービスに、いろいろな社食の人気レシピを教えてもらう連載です。今回は、建築材料・住宅設備機器業界の最大手、LIXILの社食レシピです。

 

健康に外食するヒントは?

 

2011年にグループ統合が行われ、誕生したLIXIL。「トステム」・「INAX」・「新日軽」・「サンウエーブ」・「TOEX」など、設備関連の著名ブランドで知られます。同社の社食では月2回、「野菜deまんぷくごはん」という野菜たっぷり定食が提供されています。連載3回目の今回は、現場の保健師と管理栄養士から、今日すぐ使える知恵を。「食べるものを選ぶときの簡単なポイント」を聞きました。

 

IMG_0299

LIXIL健康保険組合 主査 保健師 福島由里さん

 

「健康診断数値によれば、LIXIL社員は悪玉コレステロール(LDL)値が高め。そんな人たちでも、コンビニや定食店での外食のとき、簡単に心がけられるポイントが4つあります。それほど難しくありませんから、ぜひ今日から実行してください!」(LIXIL健康保険組合 福島さん)

1・揚げ物を避けること。衣だけで100kcalほど増えるのもNGですが、どんな油で揚げているのかわからないのも問題です。特に、値段の安いものは、LDLに悪影響のあるラード等で揚げているかもしれません。避けるに越したことはありません。

2・同様に、バターや肉の脂身などもLDLコレステロールを増やしてしまうため、洋食より和食を選ぶこともコツです。

3・野菜を選ぶ習慣をつけること。ポテトサラダはサラダという名前ですが、いもは野菜ではないうえ、マヨネーズでカロリーもたっぷり。マカロニサラダも同様に、炭水化物です。おすすめは、切干大根の煮つけなど火を通したメニュー。野菜サラダの場合、ドレッシングはノンオイルで。

4・野菜はたんぱく質の倍とること。たとえば、メインがチキンソテーの日、そのチキンの見た目の倍のかさを目安に野菜をセレクトしてください。お皿の横に添えてある量では足りません。別のお皿で野菜をオーダーして。

「コンビニや、小鉢を選べる定食店の場合、毎回こういうことを考えていると面倒になって続きません。組み合わせパターンを3つくらい考えておき、その日の気分でその中から選ぶのがおすすめ。毎日小さなことからコツコツ改善していくと、年単位では大きな数値改善につながりますよ!」。

 

家で作るなら!

 

IMG_0154

エームサービス LIXIL WINGビル事業所 管理栄養士 影山孝子さん

 

「これまでの『野菜deまんぷくごはん』での人気メニューをご紹介します。どれも野菜を増やす工夫をしていますが、ご家庭でもできる内容なんですよ。野菜をたくさん食べてほしいご主人、お子さんに、ぜひ試してみてください!」(エームサービス 影山さん)

 

豚丼/見た目ボリュームたっぷりで男性好みの丼。ごはんの上にゆで野菜をのせ、その上に豚肉と豚丼のたれをかけます。相性がいいのは、もやし、にんじん、にらなど。水をよく切ってから。

焼きそば/何でも混ぜこめて大活躍。キャベツ、にんじん、玉ねぎのほか、チンゲン菜や小松菜などの青菜も入れてみてください。野菜はいためすぎず、歯ごたえを残したほうがおいしいです。

菜飯/ちょっと野菜をプラスしたいなというときは、小松菜、かぶや大根の葉などの青菜を塩もみしておき、炊きあがったごはんに混ぜこめば、見た目も華やかな菜飯に。

カレー/グリルでほんの少し焦げ目つくまで野菜を焼き、上にごろごろと盛りつけたカレーは人気でした。カレーに入れて煮込むと色が悪くなる緑の野菜は、トッピングがおすすめです!

 

今回紹介するスープも、すぐに作れて野菜をたっぷり補給できる1品として大活躍します。

 

材料&作り方は?

■材料■(2人分) 
にんじん 10g 
白菜 40g 
玉ねぎ 20g  
もやし 80g 
水 300ml 
コンソメ(固形タイプ) 1つ
塩、こしょう 少々 
パセリ(ドライ)少々

 

■作り方■
1・にんじんと白菜は短冊切りにし、玉ねぎは5㎜スライスにする。もやしは水洗いする。
2・鍋に1の野菜、水、コンソメを入れて煮込む。塩、こしょうで味をととのえ、器に注いでパセリをトッピングする。

IMG_0086

 

 

美味しく作るポイントは?

 

IMG_0144

エームサービス LIXIL WINGビル事業所 管理栄養士 佐藤紀子さん

「すぐに作れて野菜をたっぷり補給できるのがスープ。ご家庭ではお味噌汁、すまし汁にも野菜をたっぷり入れてください。あまりくたくたに煮こまず、さっと火を通して歯ごたえを楽しむのがおすすめです!」(エームサービス 佐藤さん)

1・切る必要がなく、洗えばすぐ使えるもやしは、野菜補給の強い味方。忙しい人はぜひ活用してください。

2・冷蔵庫の在庫一掃にも。塩分が多くなりすぎないように気を付ければ、何を入れてもOKです。

3・同時に火が通るよう、野菜は同じくらいのサイズに切りそろえて煮てください。

 

(シリーズおわり)

 

【LIXILの社食シリーズ】

【大人気な社食の秘伝レシピ35】野菜たっぷり、焼いてヘルシー「揚げない油淋鶏」 2015年12月7日公開

【大人気な社食の秘伝レシピ36】ボリュームたっぷり「根菜のオイスターソース炒め」 2015年12月14日公開

【大人気な社食の秘伝レシピ37】さっと作れて栄養価ばつぐん「野菜のコンソメスープ」 2015年12月21日公開

LINEで送る
Pocket
email this

あなたにオススメの記事はこちらにも!