【レポ】20秒回せば面倒な玉ねぎ刻みも終了!料理の時短にミニチョッパー

LINEで送る
Pocket
email this

 

子どもの大好きなハンバーグ、夏場にスタミナアップのぎょうざ、ランチに手軽なドライカレー。どれも「野菜を刻む手間さえなければ……」と思いませんか? でもフードプロセッサーは場所を取るし、たかが玉ねぎ半分を刻むのにいちいち部品を洗うだなんて……とあきらめている人も多いはず。そこで、収納しやすく洗いやすい小型の手動タイプを試してみました!

 

どのくらいハンディですか?

 

今回試すのは「ピタコ 収納上手な水切りチョッパー」。ご覧の通り、片手サイズです。写真の左側、親指で押さえているあたりの蓋が右側より薄いのですが、ハンドルを回すときはこの薄い部分を押さえればコンパクトなのに手もぶつからないという工夫が。

IMG_4540

 

 

蓋、本体のほか、水切りかごと部品、刻み用の刃、ハンドル。軽くて小型なので洗うのが本当にラクで、ボウルの延長感覚で使えます。部品は全部本体の中に入れて蓋をしめ、コンパクトに収納可能。

IMG_4541

 

 

水切りから試します

 

最初に野菜の水切り能力を試します。今回はベランダ菜園で伸びすぎたルッコラをペーストにしたいと思います。まずは計量、洗って軽く水を切った時点で20gです。

IMG_4559

 

水切りかごを本体にセットします。

IMG_4542

 

わざわざ説明するほどの作業でもないのですが、セットするとこんな感じです。

IMG_4543

 

ルッコラを入れました。見た感じ、葉ものの場合は今回の20g程度が適量みたいですね。

IMG_4544

 

あとは蓋をして、ぐるぐるハンドルを回すだけ。

IMG_4557

 

15秒ほど回したあとの重さは、18g。2g分の水が切れました。でも、これが性能的にいいのかどうか、よくわからない……。

IMG_4562

 

 

大きめタイプと比較します

 

そこで、イケアのサラダスピナー TOKIGと比較してみます。ピタコは直径約12cmですが、このTOKIGは直径23cmと倍くらいのサイズ。同じ20gのルッコラでも少なく見えます。大きいせいで出し入れが面倒で、買ったきり死蔵していました。

IMG_4564

 

手との比較で大きさの違いがわかると思います。つまみをぐるぐる回して水を切ります。遠心力で水分を分離するので、大きいものほど早くたくさん切れるのは当たり前。TOKIGのほうが切れて当然なのですが、どのくらい違うのでしょうか?

IMG_4565

 

同じく15秒で15.5gになりました。ですが、これでも完全に水が切れているわけではないので、サラダを作る程度なら正直どちらでもいいかな?という気がしました。ただし、一度にたくさん水を切ることが多いならピタコは少し不安。葉同士が重ならない大きめのものを使ったほうがいいでしょう。

IMG_4566

 

 

 

 

刻んでみます

 

続いて、水を切ったルッコラをペースト状にします。外側の水が拭けていませんが、内側は拭いてあります。刃をセットして

IMG_4567

 

ルッコラを20g入れます。

IMG_4568

 

ぐるぐるとハンドルを回転開始。20秒でずいぶん細かくなりました。

IMG_4570

 

40秒。このあとナッツを混ぜて砕くのにミルサーを使うつもりなのでペースト状までは頑張りませんでしたが、包丁で刻む場合の限界までは到達しています。「40秒あれば薬味の処理が終わります」と言っていいと思いました。

IMG_4571

 

一度に刻める量の目安です。水切りと違って刻みはハンドルさえ回ればOKなので、この3倍入れても大丈夫みたいです。

IMG_4572

 

せっかくなので玉ねぎも試しましょう

 

一覧に「玉ねぎ100g」と書いてあるのを見て、夕飯をハンバーグにしようと思い立ちました。試してみます。まず、指定通り3cm角くらいに切っておきます。この工程はフードプロセッサーでもどのみち必要。

IMG_4575

 

刃とセットし玉ねぎを投入、蓋を閉めてハンドルを回します。

IMG_4576

 

あれっ、このチョッパー、葉っぱより根菜のほうが刻むのが得意みたい。最初の5回転まではハンドルが重たくまわりにくいのですが、その後はスムーズにまわり、30回転、10秒であらみじんが完成。リゾットに入れるならこれで下ごしらえ終了です。早い!

IMG_4577

 

次がちょっと感動でした。さらにもう30回転、合計20秒で「玉ねぎおろし」寸前くらいの細かな刻みが終了したのです! 「このアイテムは自信を持って友達にすすめられる」と確信しました。

IMG_4578

 

個人的におすすめなのはタルタルソース作り。きゅうり、玉ねぎを刻むのが意外と面倒ですよね。そこできゅうりを1本荒く切って投入。

IMG_4579

 

刻み具合を見ながらハンドルを回します。だいたい15秒でもうできあがり! ピタコがきてから我が家では玉ねぎ入りマヨ、にんじん入りマフィンなど「野菜をきざみ入れた料理」が格段に増えました。フードプロセッサーも持っていますが、週末にまとめて作りおきを作るとき以外は部品を洗うのが面倒。その「手間」の隙間にピタコが入り込んだのです。

IMG_4580

 

普段から刻み調理が多い人、手間がかかるから刻みを避けていた人、ぜひ試してみてください!

 

■今回ご紹介した商品は■(クリックするとamazonにジャンプ)
収納上手な水切りチョッパー PC-602
本体サイズ:127×127×162mm
重量:310g 
標準小売価格:¥2,200(税別)
下村工業株式会社 tel: 0256-38-3311
公式サイト http://www.shimomura-kogyo.co.jp/products/brand2.html#pitako
IMG_4540

LINEで送る
Pocket
email this

あなたにオススメの記事はこちらにも!