【レシピ】手作りできた!かんたん美味な「芋ようかん」

LINEで送る
Pocket
email this

主婦の友社のお料理の本からベストレシピをセレクト、スタッフが自分で作ってご紹介する「主婦の友キッチンレシピ」です。1999年に刊行され大ヒットしたおやつレシピ本、『主婦の友 びっくりおやつ330』。今なお「嫁いだ娘に贈りたいのですが」などのお問い合わせをいただく、根強い人気の本です。2015年、この本が当時の内容のままカバーを新しくして再発売されたので、気になるレシピをピックアップしてご紹介します。

 

どんな本ですか?

当時の誌面のままカバーを変更したこの本には、「難しいコツなく誰にでも簡単に安く作れる、おいしくて安心なおやつ」が330レシピ掲載されています。最近のおしゃれなおやつ本では見かけないレシピが多く、「こんな作り方もあったのか!」と新鮮な驚きが。「これなら家にある材料で作れる」「今からどれを作ろう」と、きっと誰もがワクワクします。

「手間がかからない」ことが第一なので、たとえば市販ビスケットをアレンジしてゴージャスに仕上げるレシピも。また、「安い」ことも重要なので、バナナやさつまいも、牛乳、ホットケーキミックスといった材料がよく登場します。生クリームをそれほど見かけないかわりに、きなこや豆腐が登場。結果的に、より健康的な材料で作られた、子どもにも安全なおやつ集になっているのです。もちろん、大人が食べてもヘルシーなダイエットおやつに。

IMG_3514

ページの一例、「アイス」の章です。スムージーが登場する前の時代。材料が少なめなのがわかりますでしょうか。全体的に作り方もシンプルです。

 

今回ご紹介するのは「芋ようかん」。たとえば江戸・舟和などの老舗の芋ようかんは芋と砂糖だけで作りますが、このレシピは牛乳でのばして寒天で固める簡単バージョン。つるりとしたのどごしのいいおやつがすぐ完成します!

 

材料&作り方は

■材料■10×16cmの容器1個分 
さつまいも 1本 
牛乳 2カップ 
粉寒天 6g 
砂糖 大さじ4~6 
塩少々

IMG_3678

さつまいも1本はこの中サイズでだいたい250gです。250g~300gのものを使う前提。

 

■作り方■

1・さつまいもは皮つきのまま蒸し、皮をむいてつぶす。皮をむいてゆでてもよい。

IMG_3691

もちろん電子レンジでもOKです。

 

2・なべに牛乳と粉寒天を入れて火にかけ、まぜながら煮立ててとかし、砂糖と1、塩を加えてねりまぜる。

IMG_3693

 

材料が均等にまざればOKなので、長くねりまぜなくても。

 

 

 

3・水でぬらした容器に流し入れ、冷やし固め、食べやすく切り分ける。

IMG_3694

 

寒天はゼリーと違い、常温でも固まります。容器に入れ、あら熱が取れてから冷蔵庫に。

 

 

できあがり!

IMG_3710

つぶし切れていないさつまいもが少し残っていますが、これはこれで歯ごたえが美味しい。老舗のようななめらかな芋ようかんを作りたい場合は、ゆでたさつまいもを裏ごしします。または、先に牛乳半分を使ってさつまいもをミキサーでなめらかになるまで混ぜてから、残った牛乳で寒天を煮溶かし、加えてください。

 

★砂糖のかわりにゆであずきを加えても。

 

 

■このレシピが掲載されている本は■

LINEで送る
Pocket
email this

ご注文はこちらから
あなたにオススメの記事はこちらにも!